イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag: kohe


  1. Firebaseの匿名認証とFirestoreのリアルタイム更新で遊んでみたお話

    涼しくなってきましたね。 koheです。 今回はFirebaseの 匿名認証 と リアルタイムデータ更新 機能をVueで遊んで見ました。 匿名認証 GoogleやTwitterの認証を使わずに、匿名の認証をし、UUIDを発行したい!! まずfirebaseのコンソール画面から匿名ログインを有効にします。 <button label="Use without login" @click="signupByAnonymous" color="primary" /> methods :{ checkLogin () { firebase.auth().onAuthStateChanged((user) => { if (user) {…

    kohe, Firebase, Firestroe

  2. DockerでNEMのAPIを使いAccount情報取得から送金まで使ってみる

    そろそろ肌寒くなってきましたね。 こんににはこへです。 ということで今回はNEMで遊びます。 環境構築 doker-compose.yml version: '3.7' services: node: image: node tty: true volumes: - ./app:/var/www/app:cached working_dir: /var/www/app ports: - 80:80 docker-compose up -d で起動 コンテナに入る docker exec -it コンテナ名 bash yarn add nem-library yarn add -D babel-cli babel-preset…

    kohe, NEM, Docker

  3. Vuejs とFirebase,Firestoreでサーバレスの麻雀成績管理(α版)AppをPWAで作ってみたお話。

    こんばんはkoheです。 元雀荘店員エンジニアとして、最新技術を駆使し、サーバレスで麻雀成績管理Appを作る責務があるため作りました。 背景 雀荘に行くたびに、成績を紙で管理している人を多く見かける。 かくいう自分もアプリを使うより、紙を使ったほうが楽という理由で毎回紙を使って成績管理をしてしまっていた。 なぜか? それは、アプリの入力において 入力箇所をタップ 数値を入力 Enterをおす(キーボードを下げる) という作業を4人分行わなくてはならない。 であるのであれば、雀卓を前にして雀士はその工数をかけることはしないだろう。 そこで スライダーによる⇡の3ステップを1ステップに短縮 自動点数計算機能による4人目の点数入力の省略 自動成績同期機能による、点数の確認作業の簡略化 の3機能を…

    kohe, Vue, Firebase, PWA

  4. kubernets でNginx php-fpm コンテナをデプロイする

    皆様こんばんはこへです。 そろそろk8sを使って色々やっていきたい時期が来ましたので作成。 http://tech.innovation.co.jp/2018/02/26/make-book-manage-App.html 以前作った↑のアプリをk8sでデプロイしていきます。 構成 準備 GCRに Nginx と BusyboxとPHP-FPMのimageをぶち込む 今回は GKE を使用。 こ~んな感じで指定していく 1 お金を掛けたくないのでmicroインスタンスを使用 2 nodeのスケールは3~6に指定 3 なんとなくus-westリージョン Pod デザインパターン https://kubernetes.io/blog/2015/06/the-distributed-system…

    k8s, Laravel, kohe, Nginx, GKE

  5. 本の管理アプリをVue.js,Laravel,Docker,GCP,gitlab,ElementUIを使って作った話。

    こへです。 そろそろ Vue.js Laravel Docker GCP gitlab を使って社内の本の管理アプリを作りたい時期が来ましたので作成することにしました。 お金を1円もかけたくない と言う裏目標も持ちます。 完成物 Version管理 version管理に githubではなくgitlabを使います。 理由: private repository が無料 Container Registory が使える デザイン Vue.js用のライブラリElementを使います。 簡単にいい感じのデザインを作れる予感がするので選択。 http://element.eleme.io/#/en-US/component/installation 構成 ├── docker-compose.y…

    kohe, Vuejs, Laravel, Docker, GCP, gitlab, ElementUI

  6. Vue.js のチュートリアルをLaravel&Docker環境で行う

    2018年になりました。 koheです。 年が明けたということで、そろそろ Vue.jsをLaravelとDocker環境上で使いたい 時期が来ましたので、作成。 環境構築 といっても、Vue.jsはLaravelの環境を作れば既に使えるようになっているため、Laravelの環境をつくれば良いだけ。 ※nginx使います docker-compose.yml version: '3' services: nginx: build: context: ./nginx depends_on: - php ports: - 80:80 volumes: - ./www:/var/www:cached php:…

    kohe, Vue.js, Laravel, Docker

  7. Docker上でMauticを動かしたお話。

    こへです。 そろそろ紅葉を見に行きたくなる季節になり Docker上でMauticを動かしたい気分になってきましたのでやってみました。 そして、いずれかはMauticのcontributorに・・・ Mauticとは? オープンソースのマーティングオートメーションツールです。 https://www.ossnews.jp/oss_info/Mautic  より引用 今回必要なツール ・Docker (↓のリンクからDLしておいてください。) https://store.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac 早速やっていこう! Dockerfileをゴリゴリ書いていこうと思ったのですが、Docker HubにすでにMautic…

    Mautic, Docker, kohe

  8. Laradockを使ってDockerでLaravelの環境構築をし、Container Registryを使いGCPにイメージをおいたお話。

    皆様こんばんは。こへです。 そろそろ寒くなって来ており、 Laradockを使ってDockerでLaravelの環境構築をし、Google Cloud Platform(以下GCP)にimageをおきたい 時期が来ましたので、やってみました。 ※まずDockerが入ってない人は https://docs.docker.com/docker-for-mac/install/#download-docker-for-mac からdownload。私はStable の方をdownloadしました。 Laradock編 巷の噂でLaravelの環境構築はLaradockを使うと楽と言うことを聞いた気がするので使ってみます。 ※あとDockerを使いたかったってのもあります。 適当なディレクトリを作…

    kohe, Docker, Laradock, GCP, Container Registry

  9. 本当にvimmerになりたくて~1年後~ のお話

    こんばんはこへです。 http://tech.innovation.co.jp/2016/07/20/vim.html ↑の記事を書いてから1年が経ちました。 今ではしっかりvimmerです。 社内でエンジニアは10人程度いるのですが、唯一のvimmerになってしまいました。 ※2017/06/23 時点 最近ではInsertモードからNomalへ戻る時 esc ではなく ctrl + [ で戻るようにしました。そうしたところ、更にvimが好きになりました。 escキーは果てしなく遠すぎて、毎回押すのにストレスを感じていました。それに比べ ctrl + [ はなんと近いことか。 今ではvimナシでは生きていけません。 そんな私のお勧め&必須コマンド。 コマンド 内容 dw 言わずと知れた…

    kohe, vim

  10. 【Swift3】ランダムマッチチャットアプリを作ったお話。

    こんばんは、こへです。 そろそろ、Swift3とFirebaseを使って、完全匿名ランダムマッチングチャットを作りたい時期が来ましたので作成。 やりたいこと 1対1のチャット 匿名 ランダムにマッチング iPhoneアプリ 確認はシミュレータと実機でチャットをする 以上!! 画面イメージ設計 ロード中(マッチング相手を探し中)くるくる回すインテグレーションだけにはこだわりたい。 DB設計 Firebase を使うためこんな感じにカキカキ。 枠から文字がはみ出ているのはご愛嬌。 Firebase GoogleアカウントでFirebaseに登録。 ※ココらへんの設定はググれば大量に出てくるため割愛。 書き込み読み込みのルールもパブリックにしてしまってはいかんので認証を必要にする。 { "r…

    kohe, swift3, chat, Firebase