イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag: bigen


  1. アルゴリズム計算量入門 〜 ①

    はじめに どうも、bigenです。 最近、弊社の新人エンジニア向けに勉強会が頻繁に行われています。 その中で、ソートアルゴリズムやサーチアルゴリズムを自力で実装してみる練習問題がありました。 ソートやサーチなどのアルゴリズムは計算量の考え方を学ぶのにもちょうどいい題材で、知っていることを社内共有用も兼ねてブログにまとめて行こうかと思います。 今回はソートアルゴリズムの計算量について考えていきます。 内容 計算量とは リソースの種類による分類 時間計算量(time complexity) 空間計算量(space complexity) 扱うデータの種類による分類 最悪計算量(worst-case complexity) 平均計算量(average-case complexity) ソートアル…

    Complexity, Search Algorithm, bigen

  2. アルゴリズム計算量入門 〜 ②

    どうも、bigenです。 なぜ2本連続で書いているかというと、先週のブログ当番をブッチしてしまった罰ゲームです! そんなわけで、 前回の記事に引き続き、ソートアルゴリズムの計算量について見ていこうと思います。 【前回の記事のまとめ】 バブルソート: 時間計算量 O(n2), 空間計算量O(n) バケツソート: 時間計算量 O(m + n), 空間計算量O(m + n) マージソート: 時間計算量 O(n log n), 空間計算量O(n) 【まとめおわり】 今回は、実際にphpでそれぞれのアルゴリズムを動かして、「計算量本当にそれであってんの?」っていうのを見ていきたいと思います。 前提条件 OS: macOS High Sierra ver.10.13.5 CPU: 第7世代…

    Complexity, Sort Algorithm, bigen

  3. 良いプロダクトを作るために必要なものについて考えてみました

    はじめに こんばんは。bigenです。 突然ですが、「良いプロダクトを作るために必要なもの」について考えてみました。 結論は、「プロダクトに関わる全員が、自社のプロダクトがどのようにして作られるかを知っていること」です。 コトの始まり 「教育とかマネジメントとか興味あるんで、手始めに新人向けエンジニア研修を僕にやらせてください!」 物は試しと思い、上司に進言してみました。 すると、「いいね」って感じの二つ返事で話は進み、 3日間の研修を任せてもらえることになりました。 まだ入社半年の未経験エンジニアに、本当にありがたいなぁと思いました。 何を教えるか考える というわけで、新人全員(といっても8人)に教えるということで、 エンジニアだからこそ教えられるもの 非エンジニアにとっても大事なこと…

    Engineering, Organization, bigen