イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです


このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag: Tsukamoto


  1. GitLab Down Incidentは私たちに何を残したか

    寒中お見舞い申し上げます。 皆様既にご存知かと思いますが先日、GitLab.comのデータベースが大方吹っ飛ぶという悲しみが世界を包みました。 何よりも、 インシデントの経緯がこと細やかに記され、挙句には復旧の様子が YoutubeにてLive streamingという凡そエンジニア以外には理解されがたい光景が広がった今回。 サーバのドメイン名や中のディレクトリ構造まで包み隠さずレポートし、誰を責めるでもなくリラックスした雰囲気で障害対応に向かう風景には個人的にひたすら感銘を受けました。 日本語での詳細は Publickeyが詳しいのでそれ以上あまり書くことはありませんが、私達はこれらを観て何を感じるか? ユーザへの実害はそこまで大きく無かったこともあり、第三者が運用の不備体制に対する批判…

    Tsukamoto

  2. LINE Notifyが使いやすそうなので、Lambda(python)から何か通知させてみる

    今回は、「世のマイクロサービスおじさんは皆大好きMartin Fowler大先生が定義した『設計償却線』を、事業としてやりたい理想視点&DDD的視点から実線算出提示してみんなが幸せになる」というカオスタイトルの記事を書く予定でしたが、 思えば自分の記事は毎回エモいのばっかりだなと気づきちょっと足踏みしていた塚本です。秋雨前線にはお気をつけください。 そんな昨日(10/13)LINE Engineer Blogにポストされた、 コマンドラインから LINE にメッセージを送れる LINE Notify という記事を読み、早速やってみたところ死ぬほど簡単だったので、たまには実践風のこちらを記事にすることにします。 まずコマンドラインで 上記LINEブログに書いてあるとおりです。(Tokenの取…

    Tsukamoto, Line, Lambda, api, Python

  3. なぜフレームワークを使うのか

    こんにちは、日々メダリストたちの勇姿をみて「まだまだ鍛え方が足りないな」と決意を新たにしている塚本です。残暑お見舞い申し上げます。 今回はフレームワークのお話です。 Webアプリケーション開発においてのサーバサイドフレームワークの話です。 サービスを作る際に、なんの言語を使い、どのフレームワークを用いるか という議論は避けて通ることはないテーマかと思います。 調べればそれぞれのメリット・デメリットは出てきますが、そこそこ使われているフレームワークたちはおおよその機能はカバーしており、目に見える差がなくなってきています。 なので、([APIのみ作るのでマイクロフレームワーク]というようなピンポイントのケースを除き)使ったことがない人にとっては、世の情報が判断材料になり得ないケースが見られます…

    Tsukamoto, Framework, MVC, Rails, laravel

  4. EURO2016年問題

    タイトルは「コンピュータのタイムスタンプ処理問題」風ですが、サッカーネタです。 全国のフットボーラーエンジニアの皆様こんばんは、ジョンカビラです。 只今、4年に一度の欧州選手権真っ最中ですが、いかがお過ごしでしょうか? 会社勤めの身にとってはこの期間、睡眠時間の確保が喫緊の課題。 ここは、EUROをフルで見始めてから16年になるこの私が、時差に苦しむ中でこれまでに身につけた観戦術エンジニアリングをお伝えします。 大前提 WOWOWを契約する 問答無用です。何しろ地上波は放映試合数が少なすぎ & 試合のチョイスもイマイチ ちなみに地上波は過去ずっとTBS系列でやってきてましたが、今回はテレビ朝日系列。 そう、おなじみ松木おじさんとゴン中山師匠の解説ですが、日本代表の試合以外のときは案外普通に…

    Tsukamoto, Engineer, Football

  5. エンジニアキャリアパス問題

    定期的にネットで上がってくる「エンジニア35歳定年説」という説があります。 既に定年を迎えたことになる塚本です。こんにちは。 まあ、若手だった層も時が経てば年齢が繰り上がってくる以上、循環的に話題に上る現象も当然なのかもしれません。 そして、ここ数日またこの説に関して話題に上がっているのを読み、思うところあったので、私も中堅を過ぎたエンジニアのキャリアパスについて所感を書いてみます。 (決して会社の見解ではございません) まずこちらの記事 「健康は命より大事。」 Health Orientedエンジニアとしては、これに尽きてしまうので、ここで終了でもよいくらいなのですが、ボツ原稿になるでしょうからもう少しだけ。 前提知識 (特に他職種の方だと)知らない方もいらっしゃるかと思いますので説明し…

    Tsukamoto, Engineer, CareerPath