イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag: Shirota


  1. PostgreSQLとMySQL、使うならどっち? データベース専門家が8つの視点で徹底比較!という記事を読んで勉強したこと

    SREチームの城田です。 今回は、 下記のエン・ジャパンさんのブログが私にとってとても興味深く、 大変勉強になりましたので、自分目線でまとめをしてみました。 PostgreSQLとMySQL、使うならどっち? データベース専門家が8つの視点で徹底比較! https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/09/05/110000 また、 上記はインタビュー形式での記事でした為、 ポイントとなる部分を比較できるよう、自身の解釈で一旦表形式に落とし込みを行いました。 tbody .tableblock{padding-right:8px;font-size:small} 比較表 PostgreSQL MySQL 補足 DDL操作のブロッ…

    Shirota, PostgreSQL, MySQL

  2. Serverless Framework + TypeScript でサーバーレスマイクロサービスを作る その2

    SREチームの城田です。 前回 ECMAScript2015(ES6)でサーバレスマイクロサービスを作るということで その第一回目の記事を書きました。 Serverless Framework + ECMAScript2015 でサーバーレスマイクロサービスを作る その1 http://tech.innovation.co.jp/2017/07/09/Serverless-Framework-E-C-M-A-Script2015-1.html しかし、 ES6完全準拠の TypeScript が、Microsoft製なのにGoogleの標準言語に採用され、 ES6にはない 抽象クラス や インターフェース、型宣言などにも対応していることから、 内容を見直して、今回からTypeScriptを…

    Shirota, Serverless Framework, TypeScript

  3. Serverless Framework + ECMAScript2015 でサーバーレスマイクロサービスを作る その1

    SREチームの城田です。 サーバーレスでマイクロサービスを作れるようになっておけば、 今後役に立つこともあるかなと思いまして作ってみます。 概要 マイクロサービス設計でおおよその場合必要と思われる、 トークン発行やユーザ情報管理をするアカウント周りのプラットフォームを作成したいと思います。 今回は API Gateway から Lambda を起動してトークンを発行し、RDSにデータを保存してHTTPレスポンスを返す、という部分を作成します。 また、 サーバーレスアーキテクチャで行うこと、サーバレスフレームワークを使うこと、ECMAScript2015に準拠したコーディングを行うことも目的としています。 今回使用する環境は、Serverless Framework という、 API Gat…

    Shirota, Serverless Framework, ECMAScript2015, ECMAScript6, ES6

  4. Route53 + SES + S3 + Lambda で 独自ドメイン宛のメールをGmailに転送する

    SREチームの城田です。 今回は城田のプライベート環境の話ですが、 AWSを使った独自ドメイン宛のメールの転送設定を行ったので紹介します。 ※当記事の内容はSESを利用しますが、何らかの理由でメールがループしてしまった場合の料金増加など、 当記事内容を利用したことによるトラブルに関して一切責任を負えませんのでご注意ください。 背景 独自ドメイン宛のメール受信は、某ドメインレジストラのメール転送機能を使って、Gmailアドレス宛に転送していた。 その某ドメインレジストラからAWS Route53にドメイン移管したので、そのメール転送機能が使えなくなった。 メール転送をAWSで行うが、それだけの為にEC2にMTAを入れてメール転送するということはしたくない。 ということで、メール転送機能(と同…

    Shirota, Route53, SES, S3, Lambda

  5. Amazon Redshift Spectrum を CSVフォーマットで試してみた

    SREチームの城田です。 先日発表された Amazon Redshift Spectrum をCSVフォーマットで試してみました。 今回は、大量のgz圧縮されたCSVデータをS3に退避はしているけれど、 必要な時に効率良く参照できない。 という想定の元に、 データをS3に置いたままで、Redshift側から検索をして素早くデータを抽出できるか、 というのをやってみました。 前提 * Macを使っている * IAMロールの設定ができる * S3バケットを作成できる * VPC、セキュリティグループの設定ができる 基本的には調べながら作成できれば問題ありません。 やったこと * IAMロールを作成 * S3バケットを作成 * Redshiftクラスターを作成 * ローカルマシンにpsqlをイン…

    Shirota, Redshift, Redshift Spectrum