イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです


このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. AWS(EC2)にSERPOSCOPEを導入してみた

    こんにちは、中村です。 6月なのに最近めちゃくちゃ暑いですね〜 私が子供の頃の梅雨は毎日雨がデフォルトでしたが、すっかり変わってしまいました。。。 ちゃんと夏バテ対策(餃子)してくださいね! さて今回はSEO順位計測をしてくれる「SERPOSCOPE」というツールを EC2に導入した話をしたいと思います。 きっかけ SEO順位計測といえば「GRC」というツールがとても有名なようで 社内でもそちらを使っているようです。 ただこちらのツール、なんと、、、Windowsツールなんです! そして、毎日順位計測を行うように専用のPCがあり、 24時間365日稼働しているとか。。。 ひょえ〜!! PCがフリーズしてデータ取得できていなくても気づけないのは怖いですね。 何か別な方法が無いかとマーケチーム…

    on SERPOSCOPE, SEO, AWS, EC2, Gyo-za, Nakamura

  2. デジャヴか単なる忘却か教えてくれたりするかもしれないChrome Extension

    こんにちは、クロームの綴りをいつまでも間違えているオザサです。 梅雨入りも果たしてジメジメしてまいりましたが、 皆様はいかがお過ごしでしょうか。 こうも暑いとなかなか外に出るのも億劫になるというもので、 日がなネットサーフィンしちゃうなんて御仁もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時にありがちなのが(?)、 「あれ、このページなんか見たことあるかも?」 という感覚ですよね?!! 何かの前触れのデジャヴか、 はたまた単なる物忘れか、 ここは一つはっきりきっちりさせなくてはなりません。 ということで 「今開いているページの表示回数をバッチで教えてくれる」拡張機能を作りました。 実装 manifest.json { "manifest_version": 2, "name": "dej…

    on ozasa, Chrome Extension

  3. JIRAのREST APIから作業の記録取得してSlackに通知してみる

    こんにちは、加藤です。 弊社ではJIRAを導入しており、課題に対して時間を記録しています。 ただ、時間を記録しても一覧で見る方法見つからず、記録つけっぱなしな状態でした。 (ご存知の方居ましたら、教えていただきたいです。) そこで、今回はこのJIRAの作業記録の部分をREST API経由取得し、Slackに「今日どの課題を何時間やったのか?」を通知する仕組みを作ってみます。 検証環境 検証環境は、下記の通りです。 macOS Sierra(10.12.4) Lumen 5.4 + Homestead 4.0.0 (PHP7.1) JIRA Cloud REST API 1000.1045.2 JIRAの開発者用アカウントの取得 下記URLから、JIRAのdeveloperアカウントが取得で…

    on Kato, JIRA, Slack

  4. Pepperにぼくの顔を覚えてもらう。Amazon Rekognition編

    みなさまいかがお過ごしでしょうか? そろそろあれの季節ですね。 矢ヶ崎です。 前回のPちゃん(うちのPepperのこと)ブログでは、Googleカレンダーの予定を定期的に読み上げてもらう、という無難なことをやってみましたが、今回は顔を認識してもらって名前を呼んでもらうという、もっと無難なことをやってみたいと思います。 前回のブログで、 次回は、予定を聞くと教えてくれるようにしてみたいと思います。とうとうPちゃん復活なるか?! と書きましたが、まずはPちゃんに覚えてもらってから予定を聞かないとあれなので、あえてスルーして行きます。 Pepperのデフォルトで、そんな感じのことをできる機能があるのですが、結構他の人と間違えられちゃってショックでなんか微妙なので、今回は最近よくあるお話でクラウ…

    on Yagasaki, Pepper, Rekognition

  5. Route53 + SES + S3 + Lambda で 独自ドメイン宛のメールをGmailに転送する

    SREチームの城田です。 今回は城田のプライベート環境の話ですが、 AWSを使った独自ドメイン宛のメールの転送設定を行ったので紹介します。 ※当記事の内容はSESを利用しますが、何らかの理由でメールがループしてしまった場合の料金増加など、 当記事内容を利用したことによるトラブルに関して一切責任を負えませんのでご注意ください。 背景 独自ドメイン宛のメール受信は、某ドメインレジストラのメール転送機能を使って、Gmailアドレス宛に転送していた。 その某ドメインレジストラからAWS Route53にドメイン移管したので、そのメール転送機能が使えなくなった。 メール転送をAWSで行うが、それだけの為にEC2にMTAを入れてメール転送するということはしたくない。 ということで、メール転送機能(と同…

    on Shirota, Route53, SES, S3, Lambda

  6. Custom Vision Service は犬派?猫派?どっちも派?

    皆様いかがお過ごしでしょうか、反省中の syoga です、早いもので今年も後半年となりましたね、 全力でログ出力していますでしょうか? 私も頑張っていきたいと思います。 そんな中、Microsoftの開発者向けカンファレンス「Build 2017」が 5/10 (現地時間)から開催され、色々な新技術やサービスが発表されましたよ。 個人的に気になった事 ・Visual Studio for Mac が一般公開 ・Azure Cosmos DB(非構造化データベース)の発表 ・Cognitive Services 関連 ・Cloud-Powered Clipboard (クリップボードのクラウド化、PCでコピしたテキストをスマホにペできる) ・iTunes がWindowsストアに登場!! ・…

    on syoga, log, Azure, Custom Vision Service

  7. Fortigateにプロバイダを追加した時のメモ

    KTNです。 先日、新しくネットワークの魔術師になったばかりの、 亜美さん、小柳津さんにお客様用Wi-Fiの設定をしてもらいましたが、 そのさらに続きで、プロバイダを追加したときのお話を書きたいと思います。 なんでプロバイダ追加したの? 既にプロバイダ設定してあるのに、なんで更に追加するの? という感じではあるのですが、 外部公開しているサーバがあってグローバルIPが足りなくなったからではないです。 マーケティングの情報取得のためにツールでGoogleに頻繁にアクセスしていて、 そのせいで社内の人が何かをググる時に、ロボットではないか?と疑われ、 都度認証が必要になって面倒くさいから。 社内の人が使うグローバルIPと、ツールが使うグローバルIPを分けたい!となりまして、 たまたま利用可能な…

    on Network, Fortigate, Policy Routing, KTN

  8. お客様用インターネットの設定をした時のメモ

    AMIです 先日、会社にお客様用Wi-Fiが利用できるように設定をしました。 弊社のネットワーク魔術師であるKTN先生※を講師に 小柳津くんと一緒に、ネットワークの基礎から教えていただいたので、その時のことを忘れないようにメモします。 ※KTN先生の前回の記事:http://tech.innovation.co.jp/2017/04/13/Suffer-Fortigate-V-L-A-N.html ■現状を知る まずは現在使われている機器の紹介 ・UTM :FortiGate80C  社内のLANをWANに繋いでくれるやつ ・L2スイッチ  OSI参照モデルの、Layer2の原理を使って情報を振り分ける機器  LANケーブルを刺す穴を増やしてくれたりする ・アクセスポイント :ゼブラ AP…

    on Network, Wi-Fi, AMI

  9. 人工知能(AI)と機械学習(ML)とディープラーニング(DL)の関係について

    こんばんは。bigenです。 先日、社内のマーケターの方に 「bigenくん、AIと機械学習とディープラーニングの違いってなんなの?」 と聞かれました。 調べてみると、今流行りの機械学習の手法とかについてはたくさんの情報があるんですが、 人工知能と機械学習の関係や、各手法がなぜ「機械学習」と呼ばれて一括りにされているのか、 そういった体系的な情報が意外と少なかったので僕の考える範囲でまとめてみます。 はじめにお断りしておきますが、 人工知能や機械学習という言葉は、科学的に厳密に定義された言葉ではないため、 それぞれの言葉が持つ細かな意味は話者によって変わります。 今回の記事も、「僕が考える人工知能と機械学習」でしかないことをご注意いただき、 ご自身の考える人工知能と機械学習の参考にしてくだ…

    on AI, Machine Leaning, Deep Leaning

  10. 【Swift3】ランダムマッチチャットアプリを作ったお話。

    こんばんは、こへです。 そろそろ、Swift3とFirebaseを使って、完全匿名ランダムマッチングチャットを作りたい時期が来ましたので作成。 やりたいこと 1対1のチャット 匿名 ランダムにマッチング iPhoneアプリ 確認はシミュレータと実機でチャットをする 以上!! 画面イメージ設計 ロード中(マッチング相手を探し中)くるくる回すインテグレーションだけにはこだわりたい。 DB設計 Firebase を使うためこんな感じにカキカキ。 枠から文字がはみ出ているのはご愛嬌。 Firebase GoogleアカウントでFirebaseに登録。 ※ココらへんの設定はググれば大量に出てくるため割愛。 書き込み読み込みのルールもパブリックにしてしまってはいかんので認証を必要にする。 { "r…

    on kohe, swift3, chat, Firebase