イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きなGCPの最高にいかしているサービスCloud Runを使うお話

Hello!
koheです

暖かくなってきましたね。

まさに欲しかったサービスが大好きなGCPからローンチされたので使って見ようと思います。

cloud run01.png

Cloud Run

Bringing serverless to containers Cloud Run is a managed compute platform that enables you to run stateless containers that are invocable via HTTP requests. Cloud Run is serverless: it abstracts away all infrastructure management,

めちゃくちゃ簡単にまとめると。 httpのリクエストを受け付けているコンテナをサーバレスでローンチできるという、なんと0→1のコスパを抑えられそうなサービス。

Knativeで動いているらしく、GKE上にも構築できるようですが、コスパを愛している私はフルマネージド・サービスの方を使ってみようと思います。

Imageを作成

今回は Cloud Shell を使って作っていきます。 GCPの大好きなサービスの一つである、コードエディタ(β)で作っていきます。

package.json

cloud run02.png

index.js

cloud run03.png

Dockerfile

cloud run04.png

そしてCloud SHellCloud Buildを使用してビルド
gcloud builds submit --tag gcr.io/XXXXXXXX/helloworld

なんて便利。

Cloud Build

Buildの成功を確認することができます。

cloud run05.png
cloud run06.png

Container Registry

Container ResistryにImageを確認できます。

cloud run07.png

Cloud Runにデプロイしていく

Cloud Runのページからサービスを作成を教えていく。

cloud run08.png

コンテナのイメージとサービス名、ロケーションを選択していく。
※まだ、us-central1しか選択できない。

また、今回は試しに作って見るだけなので、メモリは最小の128MBにしておく

cloud run09.png

デプロイ!!!!!

cloud run10.png

表示されたURLにアクセスしてみると…。

Hello Kooooohe が表示された!!

cloud run11.png

このまま放置しておいても課金がされない。なんて素晴らしいサービなのだろう。

0→1のサービスを作るのが好きな私にぴったりで、いちいちお金を気にせず、作りたいものを作り、バズにも対応できる。

今後かなり使っていきます。

おわり