イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Echoから簡単に家電を操作してみる

去年あたりから日本でもスマートスピーカーがとても流行りだしましたね!
私も衝動買いをして幾つか持っているんですが、天気聞くのが一番多く正直あまり使いこなせてなかった感じでした。

そこで、今回はalexaから今まで持っていた家電を操作する方法をご紹介したいと思います。

今回やること

ずばり

「alexa経由で電源タップのON/OFFができるようにする」

です。

細かい設定などが必要なものは今回の方法では無理ですが(例えばalexa経由で電子レンジを操作するとか)、間接照明や加湿器などを一斉に操作するようになります。

今回はこちらを実現するために、「Sonoff Basic」という商品を使ってみました。

必要なもの

  • Sonoff Basic

  • Amazon Echo

  • 電源タップ

  • 精密ドライバー(+と-両方 )

  • ペンチなどケーブルを処理できるもの

  • スマートフォン(今回はiPhoneを使っています)

それでは早速やっていきましょう。

※くれぐれも自己責任でお願いします!

Sonoff

まずはSonoffの商品説明から。

1 1.png

こんな感じのかなりコンパクトなパッケージになってます。

1 2.png

中身は本体、ネジx4、説明書。
ネジは余分に付いてないので無くさないようにしないとですね。

1 3.png

こちら配線部分の蓋を取ったところ。

1 4.png

ここにプラスとマイナスの線を挿入して上からネジで閉めればOKです。

1 5.png

ちなみにおまけでテスト用のLEDが付いてました!
やさしい…​けど使いませんでした(笑)

1 6.png

で、作成したものがこちら。
電源タップをぶった切って間にSonoffを取り付けただけなので特に写真も撮ってません。

注意した方が良い点としては、ケーブルを切断する前に上下がわかるようにしておいた方がいいです。
電源タップの中は赤黒のケーブルが入っているわけではないので、どちらがプラスかが分からなくなります。。。

こんな感じで手動で動作すれば完璧です!

次にSonoffをアプリから操作できるようにしましょう。
説明書にも書いてあるので問題ないと思いますが、英語or中国語なので以下参考にしてみてください。

2 1.PNG

まずはeWeLinkというアプリを検索してインストールします。

2 2.PNG

インストールしたアプリを起動すると、こんな画面になりますので、まずは新規登録を行います。
流れとしては、

電話番号入力

SMSで4桁のパスワード通知

届いた4桁のパスワードと設定したいパスワードを入力

登録完了

先ほどのログイン画面に電話番号と設定したパスワード(4桁じゃない)を入力してログイン

2 3.PNG

無事ログインできるとこんな画面になるので、新規デバイスを追加します。

2 4.png

Sonoffについているボタン(ON/OFFスイッチ)を7秒間押し続けるとベアリングモードになります。

2 5.PNG

SonoffのLED点滅と同じものをアプリ側で選択し、次へ進みます。

2 6.PNG

WiFiを切り替えるように言われますので、設定から「ITEAD-xxxx」へ接続しアプリ画面へ戻ります。

2 7.PNG

次に家で使っているWiFi環境の情報を入力します。
(eWeLinkのログイン情報ではありません)

2 8.PNG

デバイスを検索中…​

2 9.PNG

無事に追加できました。
どうやらデバイスの名前を変更できるようなので、わかりやすいように変えておきましょう。

2 10.PNG

「電源タップ」にしてみました(笑)
日本語も普通に入力できるみたいです。

2 11.PNG

ログイン後の画面にデバイスが追加されました。
ここからON/OFFが切り替えられれば、正常に動作しています。

alexaの設定

最後にalexaの設定をしていきます。

3 1.PNG

alexaのアプリを開いて、スキルを「ewelink」で検索します。

3 2.PNG

こちらのスキルが出てきますので、スキルを有効にしてください。

3 3.PNG

このような画面になると思いますので、こちらにはeWeLinkで設定したログイン情報を入力してください。

3 4.PNG

無事にスキルを有効にできました。

3 5.PNG

続いてこちらの画面が出ると思いますので、「端末の検出」をタップしてください。

3 6.PNG

eWeLinkで登録したデバイス名でalexaのスマートホームに追加されました!

3 7.PNG

実は「電源タップ」という名称はalexaで認識してくれませんでした(笑)
そういう場合には名称を変更しましょう。
今回は間接照明を操作するので「ライト」にしてみました。

こんな感じに操作できれば完了です!

最後に

いかがでしたか?
声で家電を操作できると結構感動ですよね(笑)

我が家では赤外線を操作できる機器とalexaを連動させて、さらにTVやエアコンなども操作できるようにしてます。
今回のよりも簡単に導入できますので(工作が不要)、是非試してみてください〜

おしまい!