イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Docker上でMauticを動かしたお話。

こへです。

そろそろ紅葉を見に行きたくなる季節になり
Docker上でMauticを動かしたい気分になってきましたのでやってみました。

そして、いずれかはMauticのcontributorに・・・

Mauticとは?

オープンソースのマーティングオートメーションツールです。

今回必要なツール

・Docker (↓のリンクからDLしておいてください。)

早速やっていこう!

Dockerfileをゴリゴリ書いていこうと思ったのですが、Docker HubにすでにMauticのイメージが落ちていました。

なのでこいつが簡単に使えるようにdocker-compose.ymlファイルを作っていく。

version: '3'
services:
  mautic:
    image: mautic/mautic:latest
    ports:
      - 8080:80
    environment:
      MAUTIC_DB_HOST: mauticdb
      MAUTIC_DB_USER: root
      MAUTIC_DB_PASSWORD: example
      MAUTIC_DB_NAME: mauticdb


  mauticdb:
    image: mysql:latest
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: example

そして docker-compose up

mautic 1.png

docker container ls で実行中のコンテナを確認。

mautic 8.png

うんうん、ちゃんと起動してる。

localhost:8080にアクセス。

mautic 2.png

この画面が出ればとりあえず成功!

そして Next Step をクリック

mautic 3.png

docker-compose.ymlに書いた情報を入力していく…

mautic 4.png

ここらあたりは適当に入力

mautic 5.png

そして・・・

mautic 6.png
mautic 7.png

動いた!!
これでローカルでMauticをさわれまくれますね。

ただ、contributorになるために、ローカルに入ってるMauticのソースを反映させたかったのですが、 なかなかうまくできなくて断念。

次はDockerファイルも自分で作り、マウント(volume)が上手くいくようにしようと思います。

おわり