イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

MacでTableau Desktopを直接Treasure Dataにつないで分析をする!

こんにちは!
いや〜寒くなってきましたね!
矢ヶ崎です。

前のブログで、

  • Pepperに「会議室どこ?」と聞くと、次の会議の会議室を教えてくれる

をやろうと思ってると書いたのですが、なんと!当社はスケジューラをGoogleカレンダーに移行したら、
Pepperに教えてもらうまでもなく、一瞬で会議室がわかるようになったので、不要になりました!
ある意味よかったです!

序章

ということで、今回はライトですが、意外と日本語でのピッタリの情報が見つからなかったので、
MacでTableau Desktopを直接Treasure Data(のPresto)につないであれこれする手順をしたためておこうと思います。

Treasure DataのAPIキーを用意する

公式には、
https://docs.treasuredata.com/articles/get-apikey
こちらをご覧ください。

読まなくても、ふつーにTreasure DataのWeb Consoleで簡単にAPIキーを発行できます。

2つのキーが発行されますが、そのうち、
MASTER API KEY
の方を使います。

MacのTableau用Prestoドライバをインストールする

Tableauのドライバページ
https://www.tableau.com/ja-jp/support/drivers
から「データソース」に「Presto」を選んでダウンロード。

その中から、
Simba Presto 1.1.pkg
をダブルクリックしてインストールします。

td1

Tableau Desktopでデータソースを設定する

Tableau Desktopを起動し、接続⇒サーバーへ⇒Prestoを選択

td3

ダイアログに以下を入力して、サインインする

  • サーバー(V): https://api-presto.treasuredata.com

  • ポート(R): 443

  • カタログ: td-presto

  • 認証: ユーザー名

  • ユーザー名(U): 上記で取得したMASTER API KEY

  • SSLが必須(L)のチェックボックスをオン

td2

分析する!

ここまでくれば、すでに接続できているので、あとはいい感じに分析してください!

td5

おしまい

Treasure Dataから、データーマートやDWHなどへ行ってから、Tableauとかで分析してたりするかと思いますが、
ちょっとしたものとかだったり、そもそも持っていけない場合などは、Treasure DataのPrestoでやっちゃうのが お手軽で良かったり良くなかったりしますよね!
ね!

ライトですが、今回はこれで失礼いたします!