イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

zapier(ザピエル)でGoogleフォームの内容をTrelloに登録してみた

こんにちは、亜美です
久しぶりにブログを書きます!
Zapierという便利なツールを使ってみたので、紹介します。

Zapier(ザピエル)とは

システムとシステムを、簡単に連携させることができるツールです。
Gmail、Trello、Slackなど、多様なツール同士を連携させることが可能です。
無料でも利用することができます。

今回は、Googleフォームにお問い合わせすると、Trelloにタスクが追加されるというのをやってみました!

まずはZapierにアカウントを登録し、システム検索画面に行きます
https://zapier.com/app/explore
こちらの画面で、Zapierが対応可能なシステムを一覧で見ることができます。

1.png

ここからGoogleフォームとTrelloを選択します。

2.png

2つを選択すると、連携可能なシステムの組み合わせが検索結果として表示されます。
多くの連携パターンが表示され、眺めているだけでも試したくなります!

3.png

Create Trello cards from Google Forms responses
(Googleフォームの回答からTrelloのカードを作成する)
を選択します。

注意点が表示されます

4.png

使用するGoogleフォームは、回答がスプレッドシートに蓄積されるよう
設定する必要があります、といったことが書いてあります

更に進めていくと、Googleフォームを作成するGoogleアカウントを登録する画面が現れます

5.png
6.png

アカウントを選択して、Save+Continueを押します

以下のページから、該当のフォームと回答用スプレッドシートを選択します。

7.png

右側の下矢印をクリックすると、候補が出てきます。
※ページ下の入力欄は、回答が記録されるスプレッドシートのタブの名前が表示されます。

次のページへ進むと、以下のページが表示されます。

8.png

試しにGoogleフォームに接続するので、フォームに何か回答しておいて!
というような内容がかかれているので、一つお問い合わせしておきます

9.png

こんな感じのお問い合わせをしてみました。
Fetch & Continueを押して、接続できるかを試します。

10.png

接続に成功するとこんな感じです。
回答が1件も無い場合などは、テスト失敗の画面が表示されますが、
「Test Skipped」ボタンを押すと、一旦テストをスキップして次に進めることもできるようです。

次にTrelloの設定に入ります。

11.png

「Connect an Account」をクリックすると、アカウント情報を選択することができます

12.png

私の場合、「許可」ボタンをクリックしても、うまく認証が通らなかったのですが
一度「アカウントを切り替える」からID・パスワードを再入力したところ
うまく認証させることができました。

次の画面で、自分のTrelloアカウントのボードとリストを選択します。
「Name」は、Trelloカードのタイトルの項目にあたります

13.png

「Show advanced options」を押すと、さらに項目を選択することができます。
Trelloの項目に、どの回答を当てはめるかを直感的に設定できます!すごい!!

次の画面に進むと、このようになります

14.png

Trelloのテスト接続で、試しにこのカードを作ります、というようなことが書いてありますので、
Create & Continueすると・・・・

15.png
16.png

できた!!!!

早速Googleフォームからお問い合わせしてみます。

17.png

Freeプランは15分おきに実行されるそうなので、一旦待ちます。。。
15分後確認すると・・・

18.png

やったーできてる!!!!!

まとめ

プログラミングは一切必要なく、APIを叩くコードを作成するのはちょっと敷居が高い・・・
という方でも、簡単に設定することができるように感じます。

無料プランでも、5つ連結をつくることができ、
1ヶ月に100個までタスクを発生させることができるので、個人で使う分では十分だと思います。

有料プランにすると、タスクの実行タームが15分から5分に短縮できたり、
有料プランでしか連携できないシステムもあったりするようです。
参考:https://zapier.com/app/billing/plans

無料プランでも十分に連携先システムがあり、特定の条件を満たしたときのみ実行する、
というような設定も細かにできるようでした。
とっても簡単で面白いので、ぜひお試しください!
おわり