イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです


このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の3Dプリンターがやってきた!

こんにちは、亜美です。
弊社では最新技術に触れるために新しいデバイスや、アイテムを導入しています。
その中の一つである、3Dプリンターについて今回は紹介したいと思います!

弊社で導入した3Dプリンター

1.png

AppleTree株式会社のFLASHFORGE(フラッシュフォージ)3Dプリンター Dreamer
熱で溶かしたフィラメントを積み上げて形をつくる、熱溶解積層タイプの3Dプリンターです。
フィラメントには、色や素材によって様々な種類があり、3Dプリンターの左右に一つずつ設置することができます。

3Dプリンターをちょっぴり使ってみて、分かったことをまとめます!

Q1. 3Dプリンターって、操作が難しいんでしょう?

A. タッチパネル操作で簡単!

3Dプリンターを使うには、専門の技術を使ったりして難しそう…
というイメージがあったのですが、意外にもわかりやすく、簡単に操作することが可能でした!

FLASHFORGEを使うには、まずPCにFlashPrintというアプリをダウンロードします。
FlashPrintは、3Dのデータを印刷可能な状態に変換するためのアプリケーションです。

FlashPrintを起動し、

2.png

データを取り込んで、

3.png

位置、向き、サイズを調整して

4.png

スライスの設定をします

5.png

この3Dプリンターでは、物体を細く輪切りにした状態のものを積み重ねることで形を作り上げます。
スライス設定の輪切りの厚さを薄くするほど、なめらかな仕上がりになります。

設定が完了したら、「.gx」ファイルをSDカードで保存して、3DプリンターにSDカードを挿します。

3Dプリンター右下のタッチパネルからデータを選択し、実行すれば出力開始です!

6.png

Q2. そもそも3Dのデータを用意するのって大変なんでしょう?

A. 3Dのデータを自分で作らなくても、3Dプリンターは使えます!

3Dのデータを作るためには、CADなどの専用ソフトを扱う必要がありますが、
ネットで検索すれば、無料の3Dデータが沢山見つかりますので、それを使うと早いです。

また、白と黒の二次元データをFlashPrintに取り込めば、簡単に3Dデータに変換することができます。
例えば、以下のような画像(リストくん)をアップして

7.png

・ベースの厚さ
・最大の厚さ
・幅、奥行き
を設定すると、

2Dlist.png

黒色の部分に高さが出て、立体的なリストくんを作ることができます。

list3d.png

出力風景

それを出力した結果がこちら!

8.png

軟性の樹脂であれば、朱肉を付けてスタンプにすることもできました!

Q3. プリントするには、かなり時間が掛かるんでしょう?

A. かかります。でも物によって色々!

出力の時間は、フィラメントの硬さや、溶ける温度、スライスの密度によって大きく変わることがわかりました。
スライスの密度が高い程、また、フィラメントが柔らかい程、出力に時間がかかるようで、今回作ったリストくん(4cm四方、高さ5mm、スライスの密度高め)は、40分程でできあがりました。

また、こぶし大ほどのオブジェクトを、硬い樹脂・高密度で出力すると、なんと10時間の超大作となりました。

まとめ

電子上のデータが、物理的なモノになって出てくるこの感覚はとても感動的でした。
また、とっつきにくそうなイメージがあった3Dプリンターですが、非常にわかりやすく、
タッチパネルでらくらく操作ができ、とても使いやすかったです。
次は3Dデータを作成するところからチャレンジしてみたいと思っています!

おわり