イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてプロジェクト開発に携わった僕がエディタにAtomを選んだいくつかの理由

こんにちは、最近夏バテでヒィヒィいいながら開発している小柳津です。
時は早いもので、新人研修を終えプロジェクト開発に参画してからひと月半ほど経過しました。
今回は、プロジェクト開発に携わることでエンジニアの大切な商売道具の1つであるエディタを、
Atomに定めた理由を語らせていただきます。

初心者にも分かりやすいUI/UX

私は最初に出会ったエディタがSublimeTextだったので、
研修や自主学習で書いたコードには、SublimeTextを使用していました。
また、AtomはGitHubがリリースしている話題のエディタということでインストールはしていましたが、 SublimeTextのみを使用していました。

これはこれでいいエディタで快適に使わして頂いていたのですが、2つほど問題点が…​
それは、

  • Preferences(環境設定)が若干分かりにくい

  • プラグインのインストールが分かりにくい

しかし、補完機能が便利で手軽、動作が軽いなどメリットも多いです。

ですが、私がプロジェクト開発にアサインされたことで乗り換えのきっかけが生まれました。プロジェクト開発においてはプラグインの追加やコード規約に従うため、環境設定を行う必要があったからです。そこで、その辺りのUI/UXが優れていて分かりやすいAtomを触ってみることにしました。

触ってみるとAtomでは、上記の問題点がないだけでなく、プラグインの詳細説明画面が分かりやすい。

実際のプラグインの詳細説明の画面なのですが、 以下のようにWebページで確認することも可能ですし、
https://atom.io/packages/linter

Webページと同じようにAtomの画面で確認することも可能です。
丁寧な説明ページの場合はGIFアニメを使っているため、とてもイメージがし易いです。

そんなわけで、最初のきっかけとしては分かりやすさ、敷居の低さからAtomを選びました
特にプラグインをインストールするところの敷居の低さがポイントでしたね!

便利なプラグイン

ミスを防ぐプラグイン

最初にプロジェクト開発に参画したころの私は手を動かせば動かすほどエラーメッセージのでるコードを生み出すエラー製造マシーンとなりかけていました。

そこで先輩エンジニアの加藤さんがひとこと
「parse errorレベルはエディタでチェックできるよ」

!?

エディタってそんな事できるんだ…​
さっそくPHPの構文チェックしてくれるプラグインをインストール
おかげでミスは激減

Atom 06.png

新人の皆さん、お使いのエディタに構文チェックをしてくれるプラグインは必須だと思います。
最初のうちは些細なミスをしがちですが、まず最低限の構文はクリアできているかが判断がつくだけで、
ミスを見つけるスピードが変わると思います。
ちなみにAtomで構文をチェックをしてくれるプラグインはコチラ
https://atom.io/packages/linter

上記のプラグインに合わせて構文をチェックしたい言語専用のプラグインをインストールしてください
http://atomlinter.github.io/

また、日本人ならではのミス、全角スペースが混じってしまっている場合に、それを検出してくれるプラグインもあります!
https://atom.io/packages/show-ideographic-space

コメントは丁寧に

チーム開発する上でコメントってとても大切ですよね。
そのコメントを書きやすくなるようにサポートしてくれるプラグインもあります。
https://atom.io/packages/docblockr

このプラグインを利用すれば自動でDocコメントの定型文を出力してくれます。
なれない内はついつい読みにくいコードを書いて先輩を困らせてしまうことあるでしょう。
面倒くさがらず、しっかりコメントを書いて、レビューしてもらいやすいコードを意識しましょう。

Atom 03.png

ファンクションや変数の宣言の真上に/**と記述し、エンターを押すと自動で定型文を表示してくれます。

Atom 04.png

ファンクションの場合は引数の文だけ@paramを自動で設定してくれます。これは便利! 

Atom 05.png

まとめ

結局今回、私がAtomを選んだ理由は環境設定のしやすさやプラグインをインストールするときの分かりやすさ、 新人にピッタリなプラグインが充実しているからAtomを選びました。

こういった機能はIDEや他のエディタにも存在しますが、分かりやすいUI/UX・軽量なテキストエディタ・無料の3点が揃っているのが魅力です。

紹介したプラグインではありがちなミスやコメント不足などを防いでくれ、 最初のエディタとしても敷居が低いので新人にはオススメではないでしょうか。

新人を教育している方々や新人でプロジェクト開発に悪戦苦闘している方々で、「こいつ開発スピードがなんか遅いなぁ」「なんか自分、エラーばっかりだなぁ」という場合、Atomを使ってみるのはいかがですか?

今回はここで失礼します。