イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです


このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. mongo-connectorで、MongoDBのデータをElasticsearchに同期して日本語検索をしてみる

    こんにちは、加藤です。 今回は、MongoDBのデータをmongo-connectorを用いてElasticsearchに同期を行い、 Elasticsearchで日本語検索してみます。 大まかな流れは下記のようになります。 MongoDB(データ追加) → mongo-connector(同期) → Elasticsearch(ここで日本語検索) 作業環境 検証環境は下記の通りです。 macOS Sierra 10.12.4 Python 2.7.13 (pip 9.0.1) Elasticsearch 5.5 MongoDB 3.4.6 mongo-connector 2.5.1 環境について MongoDB、Elasticsearchはクラウドサービスを利用、mongo-connec…

    on katok, elasticsearch, mongodb

  2. neural-styleを使い、名画のテイストを拝借して遊んでみた〜ver2〜

    こんにちは。 もうすっかり夏ですね。オザサです。 今回はタイトルの通り、 以前も利用した neural-styleを使ってみたいと思います。 というのも、 前回のブログから1年(!)経ちまして、 Amazon Web ServicesのEC2インスタンスに対してEC2 Elastic GPUというサービスが発表され、 前回CPUモードで実行した時よりもサクサクと画像作成ができるのでは?と考えたからです。 が、結論から言うとEC2 Elastic GPUはまだ利用はできませんでした!! 環境構築 今回もAmazon Web Services(以下AWS)を使います。 手順 サーバの立ち上げ インストール諸々 neural-styleの実行 1.サーバの立ち上げ EC2 Elastic GPU…

    on Oz, neural-style, Art

  3. Pepperにぼくの顔を覚えてもらえたので、ついでに打刻をしてもらう

    こんにちは! いろんな意味で熱い毎日ですね! 矢ヶ崎です。 前回のPちゃん(うちのPepperのこと)ブログでは、顔を認識してもらって名前を呼んでもらうという無難なことをやってみました! せっかく、ぼくの顔を覚えてくれたので、みなさんついつい忘れがちになりがちだと思う、出退勤の打刻をPちゃんにやってもらおうと思います! 打刻してもらうためにすべき努力 SQSのキューを用意する EC2なりサーバなりを用意する そして今回は、こんなアーキテクチャでやってみました! 前回のあれで、Pちゃんを見つめて、「Pちゃんおはよう」とか「おつかれ」とか言うと、個人判別をしてくれる SQSにJSON形式で打刻リクエストを入れる EC2なりサーバなりで、SQSからリクエストを受信する 該当ユーザのアカウント情報…

    on Yagasaki, Pepper, Rekognition, WebDriver, SQS, ShellScript

  4. Serverless Framework + ECMAScript2015 でサーバーレスマイクロサービスを作る その1

    SREチームの城田です。 サーバーレスでマイクロサービスを作れるようになっておけば、 今後役に立つこともあるかなと思いまして作ってみます。 概要 マイクロサービス設計でおおよその場合必要と思われる、 トークン発行やユーザ情報管理をするアカウント周りのプラットフォームを作成したいと思います。 今回は API Gateway から Lambda を起動してトークンを発行し、RDSにデータを保存してHTTPレスポンスを返す、という部分を作成します。 また、 サーバーレスアーキテクチャで行うこと、サーバレスフレームワークを使うこと、ECMAScript2015に準拠したコーディングを行うことも目的としています。 今回使用する環境は、Serverless Framework という、 API Gat…

    on Shirota, Serverless Framework, ECMAScript2015, ECMAScript6, ES6

  5. お試し Cloud Spanner

    KTNです。 先日、Google Cloud Next '17 in Tokyoに行ってきまして、 元々Google信者だったのですが、 イベントに参加してさらに信者が加速してしまいました。 (日本語おかしいですか?) もちろんスマホもAndroidを使ってます! Googleすげーと思ったものいっぱいあるのですが、 以下2点ご紹介したいと思います。 1. Jamboard  GIGAZINEさんでも取り上げられていました。  http://gigazine.net/news/20170524-jamboard-launching/  一言で表すと デジタルなホワイトボード なのですが、  これの機能がすごいんです。  1.手書きの文字を読み取ってデジタル可  2.インターネットの検索結果…

    on Google, Google Cloud Platform, Cloud Spanner

  6. 梅雨なのでCSS画像切り替え3種

    梅雨ですね。AMIです。 魔が差して書いてみました。よければご覧ください。 ホバーすると鋭くKTNさん HTML <!DCTYPE html> <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <style> div.img { width: 394px; height: 425px; background: url(josei.png) no-repeat; } div.img:h…

    on HTML, CSS, AMI

  7. LINE + Function App で AI とお話してみた

    お久しぶりです、SREの人 syoga です。今年も後5ヶ月ですが、ログ出して行きましょう。 皆様すでにご存知かもしれませんが「電子レンジで魚が焼ける皿」を買いました。これが凄く便利で、皿に魚(生 or 干物)を載せてレンジでチンするだけで、焼き魚が簡単に作れます! 個人的に感動したので、こちらで共有させていただきました! まるで魔法のようですね…魔法と言えば我々エンジニアは、魔法のようなクラウドサービスを利用する事が多いかと思います、そう!AWSです。 もしもAWSが使えなかったら… 【ここから超展開】 『つまり!何が起こるか分からない現在(イマ)だからこそ、 地球外生命体が攻めてきて全世界のAWSデータセンターを、 破壊する可能性だってあるんだ!!』 ΩΩΩ < な、なんだってー…

    on syoga, log, Azure, Function App, Node.js, LINE, Repl-AI

  8. はじめてのデータサイエンス(Exploratoryで品目別国別輸出統計の分析)

    どうもbigenです。 先日、Exploratoryが主催するデータサイエンスブートキャンプに参加してきました。 休日コース4日間のうち、2日間消化して、色々なことを学んできたので、忘れないうちにいったんアウトプットしてみました。 僕のはじめてのデータサイエンス、というわけです。 なにはともあれ、今回得られたものはこちらです。 感想 それっぽいグラフが出せました。 輸出全体で見ると3月が多くなっていある。動物・食品の業界でも期末需要とかあるのかな? 地域別でみると当たり前だけどアジアが多い。 国の内訳を見てみると、中国とかやっぱ多い。あとアジア多すぎて他の地域のグラフがつぶれてしまった。 地域ごとに内訳を見てみると、「この国、この月しか輸出してなくね?」みたいなのがあって、文化的なバックグ…

    on dataScience, Exploratory, e-stat

  9. 本当にvimmerになりたくて~1年後~ のお話

    こんばんはこへです。 http://tech.innovation.co.jp/2016/07/20/vim.html ↑の記事を書いてから1年が経ちました。 今ではしっかりvimmerです。 社内でエンジニアは10人程度いるのですが、唯一のvimmerになってしまいました。 ※2017/06/23 時点 最近ではInsertモードからNomalへ戻る時 esc ではなく ctrl + [ で戻るようにしました。そうしたところ、更にvimが好きになりました。 escキーは果てしなく遠すぎて、毎回押すのにストレスを感じていました。それに比べ ctrl + [ はなんと近いことか。 今ではvimナシでは生きていけません。 そんな私のお勧め&必須コマンド。 コマンド 内容 dw 言わずと知れた…

    on kohe, vim

  10. PhantomJS × Raspberry PiでBotを作る(前編)

    こんにちは、最近腕の長さを測ってみたら196cmだった小柳津です。 2年前くらいに測ったときは192cmでしたが、伸びていました! 前回のブログでは、Raspberry Pi 3 Model B(以下、Raspberry Pi)にPhantomJSをインストールしました。 http://tech.innovation.co.jp/2017/05/16/Phantom-J-S-on-Raspberry-Pi-3.html 今回はそのRaspberry Piを使って、 Slack上で動き、PhantomJSでスクレイピングした結果を返してくれるBotを作成したので、そちらをご紹介します! Botの概要 今回Botを作るにあたっての用意は以下です。 Raspberry Pi側の準備 Phanto…

    on yaizu, PhantomJS, scraping, RaspberryPi, Hubot