イノベーション エンジニアブログ


株式会社イノベーションのエンジニアたちの技術系ブログです。ITトレンド・List Finderの開発をベースに、業務外での技術研究などもブログとして発信していってます!


このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. Google Cloud Vision APIを使って、Androidで取った写真から書籍検索をしてみる

    最近、Androidの勉強をしている加藤です。 スマホの特徴的な機能といえば「カメラ」 カメラと言えば「写真」 写真といえば「画像解析」 画像解析といえば「Google Cloud Vision API」。 ということで、今回は「Google Cloud Vision API」を使って、書籍検索アプリを作ってみました。 やりたい事 「スマホ(Android)で書籍を撮影すると、その書籍情報を表示してくれる」 です。 処理の流れとしては、下記のようになります。 書籍検索であれば、バーコードからISBNコードを読み取るのが一番早いのですが、 あえて(!)、画像データから検索したいと思います。 環境 Androidの下記の設定で動作確認を行いました。 minSdkVersion 21 targe…

    on KatoK, CloudVisionAPI, Android

  2. ReactベースのChrome Extensionで現在表示しているWebサイトのURLをQRコード化する

    さて、いきなりですが、 会社用のPCで読んでいた記事を個人のスマホとかで 帰りがけに読みたくなるってことがあったとして、 皆さんはどうしますか(されていますか)? Slackで自分向けにURLを送る? PCでFacebookシェアしてスマホから見る? 色々あるかと思うのですが、ちょっとめんどくさいですよね(きっと)?! では、スマホのChromeアプリにQRコード機能があるのはご存知ですか? これを使えばサクッと読んでいる記事にアクセスできるのではないでしょうか? ということで 今回はバーコードシリーズの続きとして、 Chrome Extensionを自作し、 「現在表示しているWebサイトのURLをQRコード化する」ことにチャレンジしてみます。 作ってみる QRコード化するにあたっては、…

    on Chrome Extension, React, QRcode

  3. システム開発で作られるドキュメントについて考えてみる

    こんにちは。 エンジニアのNew塚本です。 私、今年が本厄でして、去年からロクなことが起きておりません。 車検をあげた次の月にヘッドライトが切れ、次の月になんと高速でタイヤがバースト、 さらに、上野の件や、車をぶつけられたり。 まだまだありますが・・・ホンキでお祓いを考えてます。 気を取り直して! 今回は、システム開発で作成されるドキュメントについて考えてみました。 きっかけ 私は長年、ウォーターフォールモデルでの開発をしていました。 上流から下流へ水が流れる様に工程をっていう、あれです。 さらに開発標準なるものが用いられ、それに則り各工程での成果物(ドキュメント類)が決められてました。 (正直これいる?みたいなものもありましたが。) また、アジャイル開発も経験していますが、 そこは極端で…

    on NewTsukamoto, Documents

  4. いまさら?!WebRTCを使って社内のビデオ会議をお手軽に行う

    こんにちは! いやいやいや〜寒いですね〜 八王子は雪があれで、もう滑るのなんので、大変ですね〜。 矢ヶ崎です。 リモート?ローカル? そんな出勤困難な状況でも、ビデオ会議できればいい感じですよね? あと、そんな八王子と渋谷みたいに離れてなくても、社内で席が遠かったり、 なんなりしたときって、意外とビデオ会議やビデオ通話って便利だと思いませんか? はい(Y) いいえ(N) いいえの方は、ほんとすいません。 はい、前提で進めます。 そんなときって、いまはSlackとかいろいろなもので簡単にビデオ会議できちゃいますが、 なんか、それでインターネットの帯域を使いまくっちゃうのって、なんか嫌です。 そんな時、昨今ってWebRTCとかで社内LANから出ずにP2Pでビデオ会議するやつって、 実は簡単に実…

    on Yagasaki, WebRTC, Video

  5. Google Homeを使って出勤の打刻をしたい…!

    こんにちは。 新卒エンジニアのはすみんです。 もうすぐ4月ですね。 「新卒」と呼べるのもあと3ヶ月。 年齢的にはあれなんですが、世間的に言われている大いに甘えられる年は終了なわけで。 ただ、個人的には挑戦して失敗してというサイクルは、何歳になっても続けていきたいと思っています。 一番の成長のきっかけは挑戦と失敗の先にあると思っています。 死ぬまで挑戦と失敗を繰り返し、成長と改善を繰り返すことができたら幸せだな〜 さて、思いに浸るのは置いておいて、今回のテーマは巷で話題の「Google Home」です。 昨年の12月にやっていた半額セール時にこそっと手に入れました。(mini) せっかく新しいデバイスを手に入れたのだから開発しないともったいない!と思い、プチハックしてみました。 内容は、毎朝…

    on Hasumin, google home, selenium, ruby, nodejs

  6. Dockerfileとdocker-compose.ymlが何を書いてるか読み解こう

    先輩の背中を追いたい人生だった 雪、凄かったですね。新人エンジニアの小畑です。 最近起こったこととしては、毎日書いてる個人ブログが無事に100日目を迎えました。 技術記事が7割くらいなので、70記事分くらいは成長してる・・・と信じたい。 それでもやはり、先輩方の技術凄いなーってなってるわけで。 先輩方の書く記事で『なにコレ?』ってなってしまうことがまだまだ多々あります。 ということで、1つの記事決めて全力で読もうと考えてみました。 選ばれたのは、Dockerでした そこで選んだ記事はkoheさんの Vue.js のチュートリアルをLaravel&Docker環境で行う http://tech.innovation.co.jp/2018/01/05/carry-out-tutorial-o…

    on obata, docker

  7. Bitriseでアプリ開発をお手軽CI

    Bitriseとは? Bitriseはアプリ開発に特化したCIサービスで、「Android」「iOS」「Xamarin」の3つの開発環境に対応しています。 使ってみて特に便利だと感じた点は、 アプリに特化しているので、アプリプロジェクトであれば、ほぼ設定不要で導入できる まずは、無料で導入することが出来る(2018年1月19日時点、チームメンバー2名まで等の制約あり) 多数の外部サービスと連携できる(テスト、デプロイ、通知など。もちろんビルド完了時にSlack通知もできる) テストメンバーにビルドしたアプリの配布ができる などです。 BitriseのWebサイトは、下記になります。 https://www.bitrise.io/ 導入 導入はとても簡単です。 Bitriseのアカウントを作…

    on kato, ci, bitrise, android

  8. Azure CosmosDB へ Go でログ出力するお話

    明けましておめでとうございます、SRE チームの syoga です。 来週ついに Monster Hunter World が発売する訳ですが、ネット人見知りの私はソロで頑張る予定です、 そんな中思いついた事を今回のブログに書き綴りたいと思います。 思いついた事 以前の記事でログについて思いの丈をぶつけたのですが、個人的にオートスケーリングやコンテナ化、サーバレスが当たり前になりつつある世の中で、ログをファイルに出力するというのは、モンハンに例えるのならオンライン集会所のクエストにソロで挑むようなものです(個人の意見です)!! という訳で、Go 言語を利用し Azure Cosmos DB(以下 CosmosDB)にログを出力する実験を行ってみました。 CosmosDB で Go!! まず…

    on syoga, log, Azure, Go, Cosmos DB

  9. Angularを使えるLaravel環境を作る。あとcralityも使う。

    どうも、bigenです。 わたくし、新卒でListFinder開発チームに配属されてから1年が経ちました。 配属されてからは来る日も来る日もZend FrameworkとjQueryと戦う毎日。 最近では公私ともに社外の方と話す機会もあり、 触発されてもう少し今風の技術にも触れてみたいなぁと思いまして、 Angular4入りLaravel5.4環境の構築 に挑戦しました。 また、デザインフレームワークである Clarity Design Systemも入れて、 盛りだくさんの今風アプリケーションを一つ作ってやろうという算段です。 LaravelもAngularもClarityも、使って開発したことがないので、ゼロからのスタートです。 周囲の人に色々質問しながら進めてみました。 目次 前準備…

    on PHP, Docker, angular, laravel, crality

  10. macのGNS3でNETWORK(CISCO CCNA)の勉強 〜③NAT準備〜

    KTNです 前回の続きで今度はNATの勉強をしていきたいと思います 早速始めましょう! NATしてみます 今回は本社PCから仮想インターネットに公開されているWebサイトを見れるよう 環境構築していきたいと思います おおまかな手順は以下になります 1.GNS3の標準VPCSからCentOSに切り替える 2.Webサイトを用意する 3.本社ルータにNAT設定をする 4.本社PCを増やしてもWebサイトを見れることを確認する ※今回のブログでは1、2のみを記載しています  3、4については次回のブログで! 1.GNS3の標準VPCSからCentOSに切り替える 標準のVPCSだとcurlコマンドも無いし、 Webサーバを立てる方法もわからなかったので、CentOSにしたいと思います Virtu…

    on Study, Network, mac, GNS3, CISCO, CCNA, NAT, CentOS